海外 食と健康

海外遠征時の時差ボケ対処法5選

今回は、スポーツ選手において海外遠征の際に心配な時差ボケを解消するための5つの方法をご紹介します。

未来

私は海外を20カ国程周りましたが、今まで時差ボケを一度も感じたことはありません。

時差ボケは、医学的には「時差障害」と呼びます。
国際的な診断基準は次の3項目です。
(1)ジェット機に乗って、少なくとも3時間以上の時差がある場所へ旅行した時に、不眠や過眠を自覚する
(2)旅行後1~2日以内に、昼間の心身の機能が落ちたり、全身がだるくなったり、胃腸障害などの身体症状が出る
(3)その睡眠障害は、他の睡眠障害や内科・精神科的な病気、薬物の使用などでは上手く説明できない

時差ボケ対処法1: 渡航前のスケジュール調整

渡航前にスケジュールを調整する理由
時差ボケを防ぐためには、出発前から新しいタイムゾーンに体を慣らすことが重要です。渡航先の時間に合わせて、少しずつ睡眠時間を調整することで、到着後の負担を軽減できます。

・旅行の1週間前から、毎日30分ずつ就寝時間を調整
・到着予定時間に合わせて食事時間を変更
・体内時計を少しずつ現地時間に合わせる

この方法により、現地に到着した際の疲労感を減らすことができ、スムーズに新しい環境に適応できます。

時差ボケ対処法2: 機内での行動を工夫する

機内での行動を工夫する理由
長時間のフライト中も、時差ボケを軽減するための工夫が必要です。機内での過ごし方が、到着後の体調に大きく影響します。

・フライト中の飲酒を控える
・機内で適度にストレッチを行う
・機内食は軽めにし、睡眠を優先する

これにより、体内リズムが乱れるのを防ぎ、到着後も快適に過ごせるようになります。

時差ボケ対処法3: 到着後すぐに現地時間に適応する

到着後すぐに現地時間に適応する理由
現地に到着したら、できるだけ早く現地の時間に合わせた生活を始めることが大切です。これにより、体内時計をスムーズに調整できます。

・到着後、昼間は外出して太陽の光を浴びる
・到着日の夜は現地時間に合わせて就寝
・早朝に到着した場合、短時間の昼寝にとどめる
・これにより、現地時間に迅速に適応し、時差ボケの影響を最小限に抑えることができます。

時差ボケ対処法4: 軽い運動を取り入れる

軽い運動を取り入れる理由
運動は体内時計をリセットするのに効果的です。到着後に軽い運動を取り入れることで、体調を整え、時差ボケの症状を軽減します。

・到着後すぐに軽い散歩をする
・ストレッチやヨガを行う
・朝のジョギングや軽い運動で体を目覚めさせる
・運動を取り入れることで、体内リズムを整え、時差ボケの影響を和らげることができます。

時差ボケ対処法5: 睡眠環境を整える

睡眠環境を整える理由
良質な睡眠を確保することは、時差ボケを解消するために不可欠です。快適な睡眠環境を整えることで、体内時計を正常に戻す手助けをします。

・睡眠時にはアイマスクや耳栓を使用
・部屋を暗くし、静かな環境を作る
・睡眠リズムを整えるために、毎晩同じ時間に就寝
これにより、深い眠りを得て、時差ボケから早く回復することができます。

まとめ

海外旅行や海外遠征時の時差ボケを防ぐためには、事前の準備と到着後の工夫が重要です。

渡航前からスケジュールを調整し、機内での行動を工夫することで、体内リズムを整えやすくなります。

到着後は現地時間に早く適応し、軽い運動を取り入れることも効果的です。

さらに、良質な睡眠環境を整えることで、時差ボケの影響を最小限に抑えることができます。

これらの対策を実践し、楽しい旅行や遠征をお過ごしください。

-海外, 食と健康
-, ,

Copyright© アップライフオンライン , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.